サプリメント

糖をカットしてくれるハイサラシア タブレットを飲んだ感想!お得な購入方法もご紹介

こんにちは、アキコです。ブログご訪問ありがとうございます!

 

この記事ではハイラサシア タブレットの特徴や、飲んだ感想をご紹介します。


サラシアはインドやスリランカに広く分布している植物。その昔スリランカの王族貴族は、サラシアでコップを作り、そのコップで水を飲むことで美しさを保っていたと言われています。

 

ハイサラシアの商品モニターの92%が効果を実感したという声を寄せています!(お茶タイプも含む)

ちょっと年齢層が高めかな?と思ってみましたが、30代の方の口コミもちらほら。思い切って試してみました。

ハイサラシア タブレットの特徴は?

ハイサラシア タブレットには、この3つの成分が配合されています。

サラシア サラシノールが多糖類の分解をブロック
紅景天(チベット人参) 疲労回復、滋養強壮の効果
しょうが 代謝UP、血行促進

お茶も販売されていますが、紅景天と生姜が配合されているのは、タブレットだけです。

 

タカマ通販では、サラシアの品質にもこだわっています。インド現地の無農薬農園と提携し、徹底管理のもと輸入。国内の工場で製造されています。

 

サラシアに含まれるサラシノールという成分が、糖の分解をブロックしてくれる働きが。それにより、体内に糖が吸収されにくくなるんです。

 

吸収されたのに使われなかった糖は、最終的に脂肪細胞に蓄えられてしまいます。吸収自体を抑えてくれるのはうれしい!

 

タブレットの他に、インスタントティーとティーバックのラインアップもありますよ。

ハイラサシア タブレット

ハイサラシア 飲んでみた感想!

ここからは、ハイラサシア タブレットを実際に飲んでみた感想をご紹介します。

 

ハイサラシアタブレットは、1日9粒が飲む目安量。「9粒って多いな!」と思いましたが、ひと粒が小さい!

1円玉と比べても、これしかありません。

サプリメントなど錠剤が苦手な人でも飲みやすい粒のサイズ。4粒あっても、のどに突っかかることもありませんでした。

 

ハイラサシア タブレットは食品なので、飲み方や飲む時間に決まり事はありません。糖をカットしてくれるとのことなので、出来るだけ食前に飲むようにしました。

 

もし食前に飲み忘れても、食後や食間にとってOKなので、続けやすいですね。

 

私は朝2粒、ボリュームが多くなりがちな昼は4粒、夜ご飯は3粒といった感じで飲んでしました。

 

サプリメントは食品なので、その日の食事で増やしたり減らしたりできるのが便利。炭水化物や糖が多い食事のときは、ハイサラシアタブレットを多めに飲むようにしています。

ハイラサシア タブレット

ハイサラシアタブレットの副作用は?

「ハイサラシア」を飲みはじめて間もないころ、おなかがゴロゴロしたり、軟便になったり、逆に便秘になったり、おならがよくでる…といった方がいます。

(ハイサラシア公式サイトより)

ハイラサシア タブレットは食品なので、薬と違って副作用はありません。ただ、上のような声があるのも確かです。

 

おなかが緩くなるのは、糖とカットする機能があったり乳酸菌が配合されているサプリメントだと、たまに起こる症状。

 

私も最初はちょっとだけおなかが緩くなりましたが、すぐ通常に戻りました。便秘気味の人なんかにはいいと思います。

 

ちなみに、おなかが緩くなってしまったときは、飲む量を加減したり、ヨーグルトと一緒に摂るなどしてめぐりを整えていくようにしましょう。

ハイラサシア タブレット

ハイサラシア タブレットのお得な購入方法は?

ハイサラシア タブレットの定価は30日分270粒入りで、5,400円(税込)。別途送料が400円かかります。

 

定期コースに申し込むと初回は25%オフの4,050円(税込)で購入できます。送料も無料です。2回目以降も10%の4,860円に。

 

ただ、定期コースは3ヵ月の継続が必要なので、とりあえず試してみたい人は通常購入の方がオススメです。

ハイラサシア タブレット

さいごに

この記事では、カタマ通販のハイサラシアタブレットをご紹介しました。

 

食事の糖をブロックし、食後の血糖コントロールが期待できるサプリメント。サラシアに加え紅景天とショウガも配合されているので、仕事や家事・介護が忙しくて運動の時間がとれない方にもおススメです。

 

特に年齢を重ねると、体を動かすのはなかなか大変。自分の親にも勧めてみたいと思います!

ハイラサシア タブレット