エクササイズ

EMSトレーニングパッドBodypump(ボディポンプ)を体験!アラサーの感想をご紹介!

こんにちは、アキコです。ブログご訪問ありがとうございます!

 

この記事では、 美容機器専門店The BeautoolsのEMSトレーニングパッド、Body pump(ボディポンプ)のモニターに参加したので、その感想をご紹介していきます。

ボディポンプは楽天市場の2部門(簡易マッサージグッズ/その他美容・健康器具)で1位を獲得。また、ビックカメラやハンズでも取り扱われている、注目の美容機器専門店です。

 

他のEMS機器とどう違うのか、気になるEMSの強度や使い勝手はどうなのか、セキララにレビューしていきたいと思います!

充電式で持ち運びも便利

Bodypump(ボディポンプ)は、充電式タイプ。コンセントやケーブルを気にせずに好きな場所で使えます。充電しておけば旅行先に持っていくことも可能。

 

充電用にUSBケーブルひとつが付属でついてきます。ケーブルの口の種類は調べたところ、Micro USB Micro-B。充電口は写真のような台形です。

2017年代に一番流通していた形なので、家にあるケーブルでも十分対応できるとおもいます。わたしも自前のケーブルが同じ形だったので、2つ同時に充電できましたよ。

Bodypump(ボディポンプ)

収納ケース・予備のジェルパット付き

Bodypump(ボディポンプ)には持ち運びにもぴったりな収納ポーチがついてきます。グレーのフェルト製のポーチに鹿がデザインされていて、オトナかわいい柄。

 

ぱっと見では、筋トレのマシンのケースには見えないですよね。また、ジェルパットは付属で2セット分(8枚)付いてきます。1袋に2枚入りです。

1セットの寿命が3~4か月なので、これだけで6~8か月、回数にして100回は持ちます。ジェルパットなので、通電のために別途ボディジェルを塗る必要がありません。

アキコ
アキコ
 お手軽だし、お金面でも助かる!

思い立ったときに、素肌を清潔にさえすればいつでも使えるのがうれしいです。

 

ジェルパットも粘着力がしっかりしているけれど、肌がかゆくなったりかぶれたりすることもありませんでした。これは個人差があるので、様子を見ながら使った方がいいですね。

 

もちろん、ジェルパッド単品の購入もできます(8枚入りで3,218円)。ジェルパッドが古くなると、電気の通りが悪く運動効率が下がるので、使用目安は守るようにしましょう。

Bodypump(ボディポンプ)

トレーニングパッド Bodypumpを体験!

ここからは、Bodypump(ボディポンプ)をどのように使っていくのか、詳しくご紹介していきますね。

 

まずは、本体にジェルパットを貼り付けます。

 

コントローラーを本体にカチッとはめ込み、鍛えたい部分に貼り付けます。

電源ボタンを長押しすると「ピーー」という音がして、青いランプが付きます。これがスタートした合図。

 

強さは15段階の調節できます。コントローラーのプラスのマークを押すだけでOK!自分の筋肉は心地よく動いてるなあと実感できる強さで継続しましょう。

 

コンパクトなので出力に不安がありましたが、しっかりとパワフルにEMSが届いてきます。常に強度は変えられるので痛いとか、EMSが強すぎて辛いということはありませんでした。

 

全身の強度の目安はこんな感じ。

引用元:The Beautools公式サイト

 

EMSの電波は20分間一定ではなく、色んなパターンが。これはBodypump(ボディポンプ)オリジナルプログラム。インナーマッスルに効果的な電波の組み合わせが自動で20分間繰り返されます。

 

ずーんと奥に響く電波だったり、トントンとマッサージされるような感じだったり、色んな感覚で面白いです。

 

皮下脂肪の多い太ももや下腹でも、徐々に鍛えられてくると、目に見えて筋肉が動いているのがわかるようになりますよ!

アキコ
アキコ
例のCMの腹筋みたいに、本当に動く!

EMSパッドがはがれそうになると「ピーーー」という音でお知らせしてくれるので、これも安心。

 

20分後、また「ピーー」という音がして、自動的に電源が切れてストップします。これで1セット。

終わったら、本体からコントローラーをとりはずします。そして保管ケース内に入っている収納台紙の両面に、パッドが付いたままの本体を張りつけて収納。

 

全部ポーチに入れてもこの薄さ。かさばらず収納スペースにも困りません。

価格は本体・付属品ぜんぶで22,464円(税込・送料込)。付属のジェルパットで100回は使えるので、1回あたり225円程度。

 

ちょっと金額が大きく見えますが、ジムに通うときの費用と比べても、かなりお手ごろです。一回買えば、何度でも自宅でトレーニングできちゃいますからね。

 

子育てやアクセスの関係、仕事が忙しくてジムに通えない人にもぴったりです。

 

※せっかくEMSで鍛えていても、暴飲暴食してしまっては全く意味がありません!食事改善も同時に取り組みましょう。

ダイエットに役立つ!ヘルシーな食事法が分かるオススメ書籍ベスト3こんにちは、アキコです! この記事では、ダイエット生活アドバイザーの私がオススメする、ダイエットに取り組むにあたって大切な...

さいごに

今回は、 美容機器専門店The BeautoolsBodypump(ボディポンプ)のモニター体験した感想をご紹介しました!

 

小さな見た目に反して、パワフルな電波でしっかりと鍛えられていると実感できました。ふくらはぎは、筋肉がぶるぶる収縮していて、見てて面白かったです。

 

パッドが分かれていて全身に使えるので、くびれをつくったり、二の腕をひきしめるのにもピッタリ。価格は2万円ほどですが、EMS機器としては割安。

 

紹介したBodypump(ボディポンプ)は大手の家電量販店のほかに公式サイトからもご覧いただけます。

Bodypump(ボディポンプ)