ダイエット豆知識

置き換えダイエットで失敗するタイプは!?ダイエットアドバイザーが解説!

こんにちは、糖質制限ダイエット継続中のダイエットプロフェッショナルアドバイザー、アキコです。

 

手早くダイエットしたいとき、一番最初に思い浮かぶ方法のひとつが、置き換えダイエット食品ではないでしょうか。

 

置き換えダイエットのいいところは、栄養バランスが整っていて、簡単にダイエットが始められる点です。

 

でも、はじめて中学生の時に試して以降、わたしは何度も挫折してきました。それは自分に置き換えダイエットがあっていなかった他に、いくつか理由があったのです。

この記事では、じぶんの反省を踏まえ、置き換えダイエットをお勧めしないタイプの人をご紹介していきます。すべて昔の自分のことなので書くのがつらいのですが、自戒のためにも公開!

アキコ
アキコ
はあ、この記事書くのつらい…

置き換えダイエットで挫折する人の特徴 5つ

わたしの長きにわたるダイエット経験のなかで、何度も置き換えダイエットにもチャレンジしてきました。

 

スープ系・ドリンク系・デザート系・スムージー系と、置き換えできるものはほとんど試したと言っても過言ではありません。

 

最初は「今度こそ痩せるぞ!」と意気込んでいるのですが、結局1度しかダイエットに成功せず(その1回も結局リバウンドしてしまいました…)。

 

そんなとき「10キロやせて永久キープするダイエット」を読んで、「ダイエットにはまず自己分析が大切」という当たり前の事を改めて実感。

すでに5週目!エッセイ「10キロやせて永久キープするダイエット」レビューこんにちは、アキコです。ブログご訪問ありがとうございます。 今回は、新しいダイエットのドキュメンタリーレポを読んで実践した...

自分のダイエット経験を振り返ることで、置き換えダイエットが合わなかった5つの要因が見えてきました。

食べるのが好きな人・執着している人

食べることが好きな人や、食べることに執着している人は、置き換えダイエットをしても確実に挫折かリバウンドします。

 

「食べるのが好き」という事実を無視して、むりやり置き換えダイエット食をとりいれても、ストレスが溜まるばかり。

いきなり置き換えダイエットを始めるのではなく、食事の記録から始めましょう。

 

自分が何をよく食べているのか、逆に足りていないものは何なのか。置き換えるよりも規則正しい食事を心がけたほうが、ダイエットになるかもしれません。

自分で決断できない人

ダイエット中にスイーツバイキングや飲み会に誘われたとき、ダイエット中だからと断れずにいませんか?

 

自分でダイエットを始めたのに、その決断を大切にできず人に流されてしまうのは、自分の意見より「人からどう見られるのか」を大事にしているから。

 

プロフィール記事でもちょっと触れましたが、私の過去のダイエットの動機は「人に褒められたいから」でした。

 

なので、人から誘われると「相手から必要とされている!」と思って、自分が決意したダイエットよりもお誘いを優先してしまっていました・・。

 

誘われたら断れない人は、どんな方法であっても、ダイエットを続けることが難しいです。

短期間で大幅に痩せようとしている人

置き換えダイエットの広告では「1ヶ月で10キロ!」というような夢のあるキャッチコピーを見かけますよね。自分も短期間で痩せたい!と思って置き換えダイエットを選ぶ人も多いかと思います。

 

けれど注意したいのが、結果は個人差が大きいという事。また、目標が厳しかったり現実的でない場合、焦りばかりでなかなかダイエットが上手く進みません。

 

体重計の数字に一喜一憂していると、そのぶんストレスもたまりやすくなります。

体質が改善して筋肉がつくと、体重が増える場合もあります。体重だけでなく、体脂肪や見た目などもトータルに考えてダイエットに取り組むようにしましょう。

 

目標体重の計算方法は「1ヶ月5kgは落としすぎ!?ダイエットの目標体重の計算法を解説!」も参考にしてみてください。

自分の生活習慣を改善する気がない人

「痩せたい~」「キレイになりたい~」といいながら、お菓子や甘いフラペチーノ飲んでいる人いませんか?

アキコ
アキコ
はーい!昔のわたしでーす(恥)

「置き換えダイエット食をたべているから、あと1個ぐらいドーナツ食べてもいいよね」ぐらいに思っていました。本当に昔の自分に会えたら正座させて説教したい…。

 

置き換えダイエットを使ったところで、ほかの食事をおざなりにしていては全く意味がありません。置き換えダイエット食品のお金を捨てているようなものです。

 

自分の生活や食事・間食の取り方を見直したうえでなら、置き換えダイエット食を取り入れても結果が出せると思います。

もともと全然食べない人

極端なカロリー制限を行っている人は、さらに置き換えダイエット食でカロリーを減らすのはキケン!すばり、体に良くないです。

 

30歳以降は代謝もどんどん落ちていくので、食べないダイエットではますます痩せにくくなってしまいます。

 

わたしも20歳の就活中の際、1日にコーヒー1杯とサンドイッチしか食べない時期がありました。過去最高に痩せましたが、ふらふらしてインフルエンザに罹ってアッという間に元通り。

 

食べずに痩せているときって、食べると太る気がして怖くて食べられないんですよね…。

 

もともと食べない人はエネルギ―不足で体が乾いたスポンジ状態。栄養バランスが考えられた置き換え食品を食べると、よく吸収されるので「太った!」と勘違いしてしまうかもしれません。

 

1日の必要カロリー1200~1500カロリー程度を食べるよう心がけたほうが、結果健康的な体になると思います。

1ヶ月5kgは落としすぎ!?ダイエットの目標体重の計算法を解説!痩せないとやばい、肥満気味のダイエットプロフェッショナルアドバイザー、アキコです。 30歳を超えると肥満が健康をダイレクト...

ダイエットは自己分析からスタートすべし!

この記事では、わたしの過去のダイエットの失敗経験から、置き換えダイエットが向かない人の特徴5つをご紹介しました。

置き換えダイエットが失敗しやすい人

食べるのが好きな人・執着している人
自分で決断できない人
短期間で大幅に痩せようとしている人
自分の生活習慣を改善する気がない人
もともと全然食べない人

どのダイエット方法でもそうですが、自己分析をせずに「とりあえず流行っているから」「痩せたと話題だから」という理由でスタートすると、挫折しやすいです。

 

自分のいままでの失敗も振り返りながら、無理なく続けられるダイエット法をじっくり選ぶことに時間をかけたほうが、結局は成功率が上がります。

 

私の場合は、お肉や魚が大好きで、それが制限されることがない糖質制限ダイエットがあっていました。

 

ぜひじっくり自分と向き合って、ぴったりのダイエット法を見つけてくださいね!